おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

30代 老眼の主な原因

30代でも老眼になる!

「30代だから老眼になんてならないでしょ」と、30代で老眼と同じ症状を感じていてもそのままにしてしまっている人が多いそうです。「老」・「眼」と言われている以上、老人がなるものと捉え、30代で老眼とは納得できませんよね。

老眼は、近くのモノが見えづらくなるなどの症状で、平均的に40代頃に始まる老化現象の中の1つになります。しかし現代では、スマートフォンや携帯電話、パソコンなどを使う生活が増えていますね、そのため一点を見続けることが多く、遠くを見る事が少なくなっていませんか。

目を動かすことが少なくなったことで、眼の筋肉があまり使われていなくなってきています。眼の機能を十分に使わなくなってきているということです。体を動かさないと運動不足になり、筋力の低下で体が衰えていくのと同じように、目を動かせていないと目の運動不足が起こり、目が衰えてしまうのです。目の筋肉の運動不足が、30代でも老眼になる人の原因でもあるようです。

このような目の運動不足は、若い人だけに限らないのです。中年以降の老眼の人にも増えているそうです。老眼が進んで行くスピードも目の運動不足が関わっているようです。このことから、「30代でも老眼になることがある」ということがわかりますね。

30代老眼の原因は目の使い過ぎ?

老眼の症状が30代などで起こることを、若年性老眼と呼びます。老眼は目の使い方・生活習慣によって現れます。一般的な老眼と若年性老眼の症状の違いはそれほどありません。若年性老眼は症状の進行が早く重症化しやすいと言われています。なので注意が必要ですね!

40代以降に出てくると言われている老眼が、なぜ30代の若い世代にも増えているのでしょうか。若年性老眼の原因はいくつかありますが、若い世代の生活習慣と関係があります。

先にも述べましたように、パソコンやスマートフォンなどを頻繁に長時間使用することが目に与えるダメージの大きさがあるのです。使用頻度が生活する上で欠かせなくなっている人ほど目にかかる負担が大きくなり、目を酷使し続けていると言えるのです。

ディスプレイから発生するブルーライト、その光を見続けて起こるドライアイも原因の1つです。ディスプレイを見続けると、目に大きな負担がかかります。目を疲れたままにしておくと、若年性老眼を早めてしまうということになりかねません。

必要以上にブルーライトを発しているディスプレイを見続けない、疲れたらしっかりと休めることに注意しながら生活していきましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ