おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

瞼の痙攣は疲れ目のせい?

まぶたがぴくぴく・・・こんな経験ありませんか?

自分の意志とは関係なく、瞼の上や瞼の下側がピクピクと動く。目を開けていて、瞼がピクピクと痙攣することはありませんか?

瞼の痙攣は主に目の疲れが原因とされていますが、実は他に病気が隠れているという場合もあります。

まぶたの痙攣の原因

目の疲れによるもの

今ではなくてはならない携帯やパソコンは、常に手元にあり常時見ているという状態にありますよね。それらを見続けることにより、目の焦点を合わせている毛様体筋と目の位置を合わせている外眼筋の使い過ぎにより、疲労が蓄積し筋肉が肩こりと同様コリの状態を起こします。

そのような状態になると数秒~数分、瞼がピクピクと痙攣を起こした状態になり、血流が一時的に流れが悪くなるのが原因とされています。

短時間や頻繁に起こらない場合は、目の疲れによるものとされており、「眼瞼ミオキミア」という症状とされています。

目の疲れの場合の痙攣の解消法として

  • パソコンや携帯をしばらく見ずに目を休める
  • 温タオルを目にのせて血流の流れを良くする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 目に良いとされる食品やサプリメントを摂取するようにする

などがあり、日々の疲れ目を和らげてあげることにより改善されていきます。

⇒気になる目の健康を多角的にサポートしてくれるサプリ【えんきん】

眼瞼痙攣

40~50代の男女に多くみられ、目の開閉を行う眼輪筋という筋肉が痙攣を起こすことによりピクピクとした症状があらわれます。

  • 瞬きの回数が増える
  • 明るい場所が眩しく感じる
  • 目が乾いてショボショボする

ドライアイなどの症状と似た状態で、目の周りが痙攣し痙攣の回数も増え、さらに進行していくと瞼が下がってくる感じがします。

眼瞼痙攣(がんけいけいれん)の原因として、目の酷使、過度なストレス、ドライアイ、先天的な異常などが関係しているとされており、完全には解明されておらず治療法は症状によって異なります。また、重度になると自分の意志とは関係なく、目が開けられなくなり日常生活に支障をきたすとされています。

このような症状が続く場合は、検査を受けてきちんと治療をするようにしましょう。

片側顔面痙攣

片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)は主に40代以降の中高年の女性に多くみられ、片方の目の周辺や頬や口元、顎など片側の顔全体に広がっていき、眼瞼ミオキミアよりも速く痙攣している状態です。

症状が進行すると、痙攣している方だけ一定時間目をつぶってしまったり、顔が引きつってゆがむというケースにもなります。

高血圧や高脂血症の方に多くみられ、血管が顔面神経を圧迫することによりそのような症状が起きるとされていますが、脳の病気なども心配されるので、早めに検査などを受けるようにしましょう。

VDT症候群

VDT(Visual Display Terminals)の事を示し、パソコン作業によりディスプレイを見続けることにより、眼精疲労が起こるとされ、今では現代病の1つとされています。

この場合目の疲れだけではなく、肩や首のコリ、頭痛、ストレスなどを伴い、悪化してしまうと精神疾患などを患ってしまうとされていますので、常にパソコン作業をされている方は、姿勢や目のストレッチなどを行い、目に良いとされるビタミンやブルベリーなどを摂取して目の健康を促してあげるようにしましょう。

これらの他には、ストレスによって瞼の痙攣を起こす引き金となることもありますので、上手にストレスも発散してあげることも大切です。

症状が頻繁に起こったり、心配な場合は専門医を受診する事が一番です。

老眼サプリおすすめランキングページへ