おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

目の奥の痛みの原因は?

目の裏側が痛い・・・その原因は?

頭痛とは違い、目の奥が痛いという経験をしたことはありませんか?

私の場合仕事上どうしても、パソコンによる作業が多くしかも長時間画面を見続けているので、夕方になると毎日目が疲れている状態なのですが、これといってマッサージやツボ押しもせずに過ごして居ました。時々肩こりなどの、マッサージに行く程度で、疲れ目とはわかっていても肩や首の方が辛かったのです。

ですがある日、仕事をしていても目の奥が痛く、仕事に集中できないという日がありました。その時になり、目薬をさしたりしていたのですが、あまり状況は良くなりませんでした。

土日にかけて、仕事も休みだったのでお風呂に入った時に眉毛の下くらいを押してみたりして、なるべく目を休めるようにしたら良くなったんですよね。

上記は、実際に目の奥が痛くなったという方の体験談なのですが、目の疲れが溜まって眼精疲労になった状態ですね。

パソコンなどのデスクワークが中心となっている場合、一日中画面と向き合いながら仕事をするので目は常に緊張している状態になります。

私たちの目の周りつまり、眼球には上直筋、上斜筋、内直筋、下斜筋、下直筋、外直筋などの6本の筋肉である外眼筋により支えられています。眼球が長時間動かないことにより、同じ距離でピントを合わせようと外眼筋が緊張状態になり目が疲れてしまうのです。

また、眼鏡やコンタクトレンズなどが合っていない、老眼が始まった人の場合もピントを合わせようとし目を酷使している状態になります。

蓄積された目の疲れを取る

目の疲れは、日々蓄積されていきます。肩や首も目の疲れから来るコリや、パソコン作業をしている時の姿勢なども関係し肩や首が常にこっている状態になることもあります。

疲れ目を感じたら、目のマッサージや、ツボ押しなどをするとともに、目に良いとされるサプリメントなどを飲んでみるのも良いかもしれません。

パソコンを日常使っている人や、読書好きな人などは目を酷使している時間が多いものです。目に良いとされるので知られている、ブルーベリーなどは生で摂取するよりもサプリメントの方が効率よく摂取できます。サプリメントの1粒にはブルーベリーエキスの他にビタミン類なども入っているものがあり、目に良いとされる成分が詰まっています。

目の奥の痛みは、疲れ目からくるものもありますが、他の病気が隠れている場合もありますので、目の奥の傷みが続いたりそれに伴って頭痛や吐き気などの症状がある場合は、専門医を受診するようにしましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ