おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

目の疲れによる集中力の低下

目の疲れは仕事にも影響する?

体調が悪い時は仕事に集中できず、やる気もなくなったりします。病気などによる体調不良とは別に、疲れ目によりそのような症状がでて仕事に影響を及ぼしていることがあります。

仕事中に目の違和感や目の疲れに対しての調査を行ったところ、「目の疲れにより集中力が低下する」という結果が実に半数を超えたそうです。

集中力が低下することにより、仕事の効率も悪くなりミスが増えてしまうという事にもなってしまうかもしれません。また目には自律神経が集中していると言われており、パソコンなど画面を見続け目を酷使することにより、慢性的な目の疲れにより知らず知らずストレスを感じたりし、身体にも影響を与えてしまうという事にも繋がってしまいます。

1日の目の疲れのピークは、16時から23時の間が目の疲れを感じると実感している人が多く、その間疲れ目のケアしている人はほとんどいないとされており、寝る前に疲れ目のケアをしているという人の方が多いともされています。

仕事中に、目を閉じて数分間じっとしているという事がなかなか難しいともされているので、目薬などにより対処している方が多いのも現実です。ですが、疲れ目の対処法として一番良いのは目を温めてあげる事により目の周りの血流が良くなり筋肉がほぐれるとされています。

実際ホットタオルなどを目に当てて、数分間そのまま乗せておくとその後目がスッキリとした感じがします。ですので、休憩時間等に蒸しタオルやホットマスクなどで目のケアをこまめに行う事により、集中力の低下を防ぐことも出来るかもしれません。

子供の視力低下に注意

この目の疲れによる集中力の低下は大人だけの問題ではありません。近年外遊びが少なくなってきた子供たちは、家でゲームをする方が多くなってきており、ポータブルゲームなどの小さい画面を見続けることにより目を酷使し、視力低下へとつながっていきます。

視力低下に気付かずに、学校での黒板や教科書などが見えづらくなり、見えにくい物を見ようとするために目のピント機能を合わせるために目が常に緊張している状態になります。そのため目が疲れて集中力が続かないという事になってしまうのです。

ですので、自宅で子供が離れているものを見る時に、目を細めたり眉間にシワを寄せて物を見る仕草をした場合は視力低下を疑った方が良いかもしれません。

目の疲れと、集中力の低下は関係が無いように感じますが、実はつながっているという事なのです。

老眼サプリおすすめランキングページへ