おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

眼精疲労からくる頭痛

眼精疲労の症状

眼精疲労は、目の症状だけではなく身体にも不調な症状をもたらします。

眼精疲労の主な症状は、

などで、さらに悪化するとストレスにより神経系などにも影響を及ぼすとされています。

この眼精疲労の原因は、仕事や普段の生活により目を酷使することにより起こるもので、疲れ目による症状が進行して眼精疲労となってしまうものと言われています。

また眼精疲労は頭痛の原因ともされており、「緊張型頭痛」と言われています。

緊張型頭痛とは

常に同じ姿勢でいることにより、目を酷使することにより目の筋肉が緊張し、首筋から肩にかけての強いコリなどが、頭の筋肉にまで影響を及ぼし頭が締め付けられるような痛みやきりきりとした痛みなどを伴います。精神的ストレスなども頭痛の原因とされており、比較的午後にその症状があられると言われています。

緊張型頭痛の対処法

この緊張型の頭痛の対処法は、やはり目をこまめに休ませて緊張をほぐしてあげることです。仕事や読書などをしていると、夢中でつい何時間もしがちですが、1時間に1回は休憩を取るように心がけることが大切です。

また、首や肩のコリなども血液の流れが悪くなっているので、その場で出来る軽い運動をしてあげ血流の流れを良くしてあげます。

⇒眼精疲労による肩・首筋の負担を和らげてくれるサプリ!【えんきん】

肩の上下運動
姿勢をただし、背筋を伸ばした状態で両肩を上に上げ、そのままストンと下におろします。それを数回繰り返します。
首回し運動
背筋を伸ばし、首をゆっくりと回します。一回転したら反対に回すことを数回繰り返します。
肩回し運動
肩甲骨を意識しながら腕を前まわし、後ろ回しと交互に回します。

これらの運動の他に、入浴時は温めの肩まで浸かります。その時、首を左右に倒したりしてあげるのも、肩や首のコリをほぐしてくれます。ですがその時の体調に合わせて行いましょう。

睡眠時などは、ラベンダーなどのアロマをティッシュに数的垂らし枕元に置いて寝ることにより、ぐっすりと眠ることができます。この時あまりティッシュにつけすぎると、ニオイがきつくなってしまいますので注意しましょう。

他に鎮痛剤などを服用する場合がありますが、あくまでも一時的なものであり服用回数が多くなるにつれ体が薬に慣れてしまい聞かなくなる場合がありますので、我慢できないという時に飲むようにした方がよいかもしれません。

あとは目の周りのマッサージや、目の疲れに良いとされるツボ押しなどで、目の周りの筋肉をほぐし血液の流れを良くしてあげましょう。目のマッサージなどは、仕事の合間のちょっとした時間にできますのでオススメですね。

老眼サプリおすすめランキングページへ