おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

疲れ目と眼精疲労の違い

「疲れ目」には2種類ある

パソコンやスマートフォンまた、読書などによりついつい時間も忘れて見入ってしまい、目を疲れさせていることはありませんか?

最近、目がしょぼしょぼする、目の奥が痛い、頭痛がする、など目の疲れを経験していませんか?

目の疲れからくる「疲れ目」には、実は2種類あるとされています。

⇒パソコンやスマホによる眼の疲れをサポート!【えんきん】

眼疲労

一般的に眼疲労は疲れ目と言われており、目の奥の痛みや、目のかすみなど疲れ目を感じても、一晩寝たり休憩を取ることによりそれらの症状が解消されるのが特徴です。

目の周りの筋肉が、長時間同じ位置で動かない状態が続くことにより筋肉疲労を起こす状態で、パソコンなどの画面を長時間見続けることなどにより起きるケースとされています。また、コンタクトやメガネなどの度数が合っていない人や、老眼が始まったという人なども疲れ目は起こりやすい症状でもあります。

これらの症状は、十分な睡眠や、目の周りを温め血行を良くすることにより、解消できるものとされています。

眼精疲労

眼精疲労は睡眠や休憩などでも改善されず、目の充血や目の乾き、肩こりや吐き気、不眠など、目以外にも身体に症状が表れるのが特徴です。症状が悪化すると、自律神経等にも影響を及ぼすとされています。

眼精疲労の原因とされるものは、4つに分類されます。

目の病気など

近視・乱視・遠視などの屈折異常により、物がきちんと見えないため目の調節機能に負担がかかり眼精疲労になりやすくなります。また、老眼の始まりにも見る物にピントを合わせようとするので、目の筋肉疲労により眼精疲労になりやすいと言われています。

他にはドライアイも眼精疲労の原因となります。パソコンやスマートフォンなどの画面を凝視することにより、瞬きの回数が減り眼球表面に涙がいきわたらずに乾いた状態となり、目にダメージを受けます。涙は眼球を細菌などの感染から眼球表面や角膜を守り、角膜へ栄養補給や細菌を取り除く働きを行っています。瞬きにより、涙が目の表面を潤してくれますが、この瞬きの回数が減ることで目が乾き角膜などダメージを受けるので、目の充血や痛み、目の違和感などを引き起こしてしまいます。

身体の病気

更年期や高血圧、自律神経失調症などのさまざまな病気により眼精疲労が起こる場合があります。

環境的なもの

紫外線やブルーライト、シックハウス症候群なども眼精疲労の原因とされています。

精神的なもの

ストレスなどにより、精神的な事や身体などにも病気を引き起こし、病気の一つとして眼精疲労になる場合があります。

このように疲れ目と眼精疲労の違いについて簡単ではありますが説明させていただきましたが、疲れ目をそのままの状態にしておくと、目だけではなく身体にまで影響を及ぼしてしまうということになってしまいます。

ですので、「目が疲れた」と感じた時は目を休めることを優先し眼精疲労予防を日々行っていきましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ