おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

スマホ労眼とは

スマートフォンの使い過ぎで起こる症状

といった症状を感じていませんか?その場合、スマホ労眼かもしれません。

スマホ労眼はスマホ老眼とも書きますが、長時間スマートフォンの画面を見続けることにより、『老眼と同じような症状が出ること』を言います。

一般的に老眼を自覚するのは40歳以降、ピークは45歳と言われますが、スマホ労眼は20代~30代にも多いですね。もちろん40代でも、スマホ労眼を実感している方がいますよ。

至近距離でスマホを見続ければ、水晶体の柔軟性がなくなり、毛様体筋が衰え、目の筋肉が凝り固まるそうです。その結果、冒頭でお伝えした症状(近くのものにピントが合わない、夕方になると目が疲れる)が起こりやすくなるんですよね。

全ての方に症状が出るわけではありませんが、スマホを酷使すればするほど、スマホ労眼のリスクは高くなるでしょう。

PC(パソコン)やテレビゲームも同じですが、スマートフォンは画面との距離が近い分、

といった症状を実感している方が多いんですよね。あなたはどうですか?

現代社会はスマホが必需品

現代社会はスマホが必需品です。電話、メール、LINEを頻繁に利用したり、ネット検索したり、TwitterやFacebookのようなSNSを使っている方も多いでしょう。スマホなら簡単に写メを取れますし、音楽や動画をダウンロードして楽しんでいるかもしれません。

特に仕事でスマホを使っていれば、朝から夜まで、何度もチェックするのではないでしょうか。交流関係が広い方も同様ですよね。

私も頻繁にスマホをチェックしますし、常に手元にある状態です。夜中に見ることもあれば、バスや電車の中で確認することもあります(すっかりスマホ依存です)。

周囲を見ても、スマホを見ている乗客が多いんですよね。一昔前なら、地下鉄に乗りながら本を読んだり、漫画を読んでいる人が多かったのですが、すっかり時代は変わりました。

その分、スマホ労眼を感じる機会も多いのではないでしょうか?

私も疲れ目がひどく、スマホを長時間見たあとは、ピントが合わないことがあります。さらに肩こり、頭痛、めまいを感じることもあるんですよね。

そろそろ40歳になるので、最初は年齢のせいかと思っていましたが、「どうやらスマホに原因があるのでは?」と思い始めています。

あなたも同じように感じているでしょうか?

サプリメントで疲れ目対策

スマホ労眼の対策として、

などがありますが、どれも一時的だったり、持ち歩きや通うのも大変なんですよね。

そこでスマホ労眼サプリメントです。サプリメントなら簡単に摂取できますし、継続しやすいですよ。

ビルベリー由来アントシアニンという成分は、目の疲れに対する有効性が報告されています。他にも、

といった成分を採りたいところです。

大切な目ですから、上記のようなサプリメントを検討してみて下さい。おすすめは以下ですね。

スマホえんきん

疲れ目が気になる20代、30代。手元のピントが気になる40代半ば。それぞれに対応していますので、ファンケルの『スマホえんきん』の詳細を確認していただければと思います。

老眼サプリおすすめランキングページへ