おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

レーシック後の目のケアについて

レーシック後は目をケアしてあげる必要がある

レーシックを受けて眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放され、やっぱり裸眼で生活するのはとても快適ですよね。

コンタクトを着用している方は手術前の数日から数週間、コンタクトの着用を中止するように指示されます。コンタクトの型が角膜についてしまう事により、本来の角膜の形状データーが正確に取れなくなるからとされています。(コンタクト着用の中止は、手術を行うクリニックにより異なります)

レーシック手術は入院もせず見た目も変わらないのですが、角膜屈折矯正手術によって目はダメージを受けているので、術後いくつかの注意事項がありそれをしっかり守ることが大切です。

レーシック手術後の注意事項

クリニックから内服薬・点眼薬・保護用メガネなどが渡されます。
(クリニックにより内容は異なる可能性はあります)

【点眼薬】
感染症を防ぐため数時間毎に点眼します。市販の目薬の使用は絶対避けましょう。

【保護用メガネ】
紫外線やホコリ等から目を守るために、保護用メガネをかけて帰宅します。また就寝時も無意識に目を擦らないように保護用眼帯をして寝ます。

術後の日常生活においての注意事項もあります。

自動車の運転
術後は光を眩しく感じやすいため、慣れるまでしばらくは避けた方が無難です。
飲酒・禁煙
術後当日は禁止ですが、フラップが固定されるまでは極力避けた方がよいとされています。
入浴・洗顔
入浴は術後翌日から可能ですが、目に水など入らないように気を付けましょう。洗顔は濡れタオルで拭く程度にします。
メイク
メイクは本来1週間ほど避けた方がよいとされていますが、仕事などの場合ノーメイクで出勤するわけにもいかないので、アイメイク以外は数日控えるようにした方が良いとされています。
テレビやパソコン
目が疲れるのでなるべく避けましょう。

麻酔は術後約2時間ほどで切れてしまうので、個人差はありますが痛みや目に違和感を感じたり、涙が出たりなどしますが、目をこすったりしないように気をつけます。当日は、目が疲れやすくまたデリケートになっているのでゆっくり帰宅後ゆっくり静養するようにしましょう。

レーシック手術後は、フラップを角膜に固定されるまでは極力安静な生活を心がけるようにしましょう。安静な状態で生活した場合、約1週間前後で角膜に固定されますので極力1週間は安静な状態で過ごすようにした方がよいのですが、無理な場合でも3日間は安静にするようにしましょう。術後翌日から無理をすることにより、眼の回復期間を長引かせる可能性があります。

また、レーシックの合併症として起こりやすいものもあります。

ドライアイ
目が乾燥する、充血、多量の目やになどと言った症状が出ます。レーシックでフラップを作ることにより、角膜内の神経線維が切断されてしまい、瞬きをしても涙腺に刺激が伝わらないため涙の分量が減りドライアイの症状があらわれます。クリニックなどで処方された目薬を点眼して対処していきますが、術後数週間から数ヶ月で回復します。
ハロー・グレア現象
術後大半の方が夜間光がにじんだり、眩しく感じたりする症状です。症状がある場合は、車の運転などは極力控えた方が良いとさています。数ヶ月で自然に回復しますが、サングラスなどで対処するようにします。

術後これらの症状が現れやすいとされますが、数ヶ月で改善されると言われています。

また術後の定期健診はクリニックにより検査日などは異なりますが、翌日、1週間後、1ヶ月後など必ず受けることは大切です。

それ以外にも、目に違和感を感じる、熱っぽい、眼が痛いなど目の異変を感じた場合は、検査日以外でも診察をしてもらいましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ