おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

レーシックを受けると老眼が早まる?

レーシックで老眼になる、近視だと老眼にならない・・・これってホント?

年齢に関係なく起こる近視・遠視・乱視などは、眼に入る光の屈折異常により起こる現象ですが、老眼は加齢とともに遠くや近くを見る眼の水晶体の厚みを調節する筋肉である毛様体筋が衰えることにより、ピント調節機能が低下して見えづらくなるものです。

近視の方は近くにピントが合い遠くが見えづらいため、老眼になっても気づかないという事がありますが、メガネを掛けている場合、近くのものを見る時にメガネを外すという事があれば老眼の可能性があります。

ところで、「レーシックをすると老眼が早まる」という話を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?また「近視の人は老眼にならない」というのもよく耳にしますね。これらの説は本当に事実なのでしょうか。

年齢の問題かもしれません

答えは、そのような事はありません。例えば、20代や30代でレーシックを受けたとしても40代を過ぎれば誰しも老眼が始まるのです。

老眼は水晶体のピント調節機能を調節する毛様体筋が衰え、また老化により水晶体もだんだん薄く硬くなっていきます。水晶体が薄くなることにより、遠い物に対してピントが合った状態になるので、近くの物を見た時に調節力が弱まりぼやけて見える状態となるのです。

30代後半でレーシックを受けて、40歳で老眼の症状が出てきたという方もいますが、年齢的にも老眼が始まる年齢ですので、レーシックを受けたからと言って老眼が早まったという事はないと思います。

老眼は個人差にもよりますが、早くて30代の後半から始まる方もいます。ですので、30代後半でレーシックを考えているという方は老眼になることを考慮し、視力度数を考えて医師と相談して行う方が良いかもしれません。

また近視の人が老眼になりにくいという事も言われていますが、近視の人はもともと手元や近くにピントが合っているので、老眼を自覚しにくいためとされています。

このように、レーシックをすると老眼が早まるという事の根拠はないと言えるのではないでしょうか。

日常的にパソコンや携帯などを使用している方などは、常に目を酷使している状態でもあり眼精疲労やドライアイなどになりやすいとされています。

せっかくレーシックにより眼鏡やコンタクトなどの煩わしさから解放されたのですから、目に良いとされるビタミン食品を摂取したり、目に良いとされるブルーベリー成分が配合された手軽なサプリメントなどを利用して日々目の健康に気をつけるようにしましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ