おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

レーシックとは

幅広い年代の方が受けるレーシック

遠くを見る機会が少なくなり、またパソコンやゲームなど大人も子供も目が悪くなる環境下におかれていると言える現代。学校の視力検査で、再検査などの通知が来ることもありますし、テレビを見る時などぼやけて見えたりと、視力が悪くなるケースが多くなってきています。その場合、眼鏡やコンタクトなどにより矯正し日常生活に支障をきたさないようにします。

例えば、コンタクトなどの場合ハードであれば毎日の洗浄は必須ですし、使い捨ての場合は結構割高でもあります。また眼鏡の場合、マスクをすると眼鏡が曇ってしまったり、フレームなどにより視界が邪魔されたりと、結構不便なものでもあります。ですので本当は裸眼が一番良いのですが、視力が悪いと裸眼では何かと不便な事も多いのも事実。

そこで、レーシックを受けてみたいけれども、どのようなものなのかわからず躊躇している方にレーシックについてご説明していきますね。

一時期レーシックによる事故などがありましたが、今では安全性も向上しており、また以前ほど高額でもないので、幅広い年代の方が受けています。

レーシックってどんなもの?

角膜にレーザーを照射し削り、角膜の屈折力を調節する事により、近視・遠視・乱視などを矯正する角膜屈曲矯正手術の事を言います。アメリカでは1900年代に実施されるようになり、日本では2000年に厚生労働省からレーシックが認可されており、視力回復手術として行われてきました。

レーシック手術は、角膜表面にフラップというふたのようなものを作成します。その後フラップを開けた部分に、角膜中央部分にレーザーを照射し削ることにより、角膜の屈曲率を変え視力を矯正していきます。そしてフラップを元の位置に戻し自然に接着させます。

点眼麻酔をするので、痛みはほとんどありません。痛みに弱い方でも、我慢できないような痛みではなく、数日で和らぎます。

眼の一番外側にある角膜により、光を取り込み水晶体を通過するときの屈折力が強かったり、弱かったりすると眼の奥にある網膜に焦点が合わなくなるので、角膜にレーザーを当て形を変えることにより焦点を正しく網膜に合わせることが出来るようになります。

手術は数十分ほどで終了し、その日に帰宅することができますが、フラップがまた定着せずに不安定なため保護用メガネを翌日検診まで着用します。翌日からは、日常の生活を送ることができますがアイメイクなどは術後3日~1週間ほどできない場合があります。

費用はだいたい8万~50万ほどで、クリニックにより異なります。乱視の場合ですと近視よりも高くなる場合もあります。

レーシックにより、視力は回復し今までとは違うクリアな視野を得ることができます。ですが、レーシックによるメリットデメリットなどもきちんと把握して手術を行い、病院やクリニック選びもしっかりと行うようにしましょう。

【関連記事】レーシックのメリット・デメリット

老眼サプリおすすめランキングページへ