おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

眼精疲労回復対策

目を疲れさせないためには?

デスクワークや通勤通学時など、パソコンやスマートフォンなどを長時間見続けたり、読書などの細かい字を見たりした後など、目がしょぼしょぼしたり、目に痛みを感じたりすることがあります。

至近距離で、パソコンなどの画面や本を見続けることにより、毛様体筋というピントを合わせる筋肉が凝り固まり、目に痛みを感じたり、目の血行が悪くなったりまた、瞬きの回数が減り目が乾燥することによりそれらの症状があらわれます。

日々の生活で、パソコンやスマートフォンなどは必須とも言えるアイテムでもあります。ですので、それらを使用する時などは目を疲れさせない環境をつくることが大切です。

⇒スマホやパソコンを使用する現代人の眼に!眼の健康をサポートしてくれる【えんきん】

目に優しいパソコン・スマートフォンの使い方

パソコンやスマートフォンを使う時には、できるだけ目への負担を和らげるように工夫をしましょう。

  • パソコンの画面が部屋の照明よりも暗くなるようにして、画面に日光や蛍光灯などが反射しないようにする
  • パソコンを使用するときの姿勢は、机はおへその位置にし足裏がしっかりと床に着いている状態で、画面は顔の正面またはやや下にし、肘が90℃に曲がる位置にキーボードを置くようにする
  • 猫背は血流を悪くするので、背筋を意識的に伸ばす
  • 室内の湿度を50%前後に設定する
  • エアコンや扇風機などの風が目に直接当たらないようにする
  • 目の周りのツボを押すなどのマッサージをして血流を良くする
  • 1時間に1回は休憩をとり、目を休めるようにする
  • 目の疲れを緩和してくれる市販のアイケアグッズを利用する
  • 目薬を利用して目の渇きを改善する

読書好きな方も、明るい場所で本を読んだりして目の負担を軽減してあげるようにしましょう。

職場で長時間PCを使用する方は、家に帰ってから好きな入浴剤などを入れてゆっくりとお湯につかり全身のコリをほぐし、血流の流れを良くしてあげることによりリラックス効果を得られます。

また、目に良いとされるサプリメントを摂り入れるという方法もあります。例えばブルーベリーは目に良いとされていますが、その成分を使ったサプリメントなどはブルーベリー以外にもビタミンやルテインなど目の疲れなどに効果をもたらしてくれる成分も配合されています。

⇒眼に優しい成分が豊富に配合!【えんきん】

しかし、これらを実践しても眼精疲労がひどい場合には、眼科などを受診してみるようにしましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ