おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

目の調整機能について

水晶体と毛様体筋の働き

私たちがテレビを見たり、遠くの景色を見たりできるのは、目に入ってきた光を網膜上にピントを合わせて終点を結ぶことによりものとして認識し見ることが出来るためです。例えばカメラのように、移したい物にレンズを向けることにより自動でピントを合わせてくれたり、手動でピントを合わせることによりよりそのものを鮮明にとらえることができます。

目はそれと同じ機能をしていることが言え、それを目の調節機能といいます。その役割を担っているのが水晶体で、水晶体の厚さを変えることにより遠くのものや、近くのものにピントを合わせています。そして、そのピントを合わせる調節に毛様体筋という筋肉が関わっています。

近くのものを見る時、毛様体筋が緊張することにより水晶体が厚くなります。逆に遠くのものを見る時は毛様体筋が緩み水晶体が薄くなりピントを合わせ、毛様体筋が伸縮します。ですので、パソコンやスマートフォンなど近くのものを長時間見る時などは、毛様体筋が常に緊張した状態になるため筋肉疲労を起こし目の疲れの原因とされています。

また眼鏡やコンタクトを使用している人で、度数が合っておらずきちんと矯正されていない場合、老化と共に水晶体の弾力性がなくなり硬くなっていきますが、ピントを合わせるために毛様体筋が常に緊張した状態になり目が疲れやすくなります。

ですので近くを見ていると、それだけ毛様体筋が緊張し続け血液の循環も悪くなってきてしまいます。そのようになると、近くから遠くを見る時にピントが合わずにぼやけてしまうという原因ともなります。

毛様体筋が緊張し続けることにより、目の疲労になりピント調節機能の低下を招いてしまうという事になるのです。さらに年齢と共に、水晶体の弾力性が低下することにより、ピントを合わせるための厚み調節がしづらくなります。

自律神経の乱れが影響するケースも

他にパソコンやスマートフォンなど、目を常に酷使しているという訳ではなくても、ピントが合わなくなるという場合があります。それは、自律神経のバランスが崩れることによりそのような症状がでます。

自律神経が乱れる原因としては、主に精神的ストレスが原因とされ自律神経の乱れは、いろいろな病気の引き金にもなりますので、ストレスをためないよう発散させるようにしましょう。

このように、目の調整機能は私たちが物を見るのにとても大切な役割をしていますので、疲れ目と感じた場合は目薬やブルーベリーサプリ、マッサージなどでアイケアをするようにし、疲れ目が続くようであれば眼科を受診してみましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ