おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

加齢や衰えからくる目の疲れ

加齢による目の機能低下

加齢に伴う衰えは、身体だけではなく目も衰えてきます。IT時代の現代では、仕事で長時間パソコンを集中して見続けることにより、目の疲れを感じたり、目の充血や目のかすみなどがあらわれます。

また、40歳を過ぎると早い人で老眼になってくる年代でもあります。もしかして自分、私、老眼かも・・・といった方もいらっしゃるかもしれません。

加齢によって起こる目の機能低下にはどのようなものがあるのでしょうか?

網膜

視覚細胞が面状に並んでおり、目で見た映像を光情報として電気信号に変換し視神経を通して脳へ伝わって物が見えるという仕組みになっており、カメラなどで言うフィルムに例えられています。

網膜の中心部に黄色い色素を持つ黄斑部があり、その色素により強い光のエネルギーなどから網膜を守っています。この黄色い色素はルテインやゼアキサンチンという色素ですがこの色素が薄くなると網膜にダメージを受けやすくなり、また加齢とともに減少していってしまい、パソコンやスマホそして紫外線などを浴び続けることにより、加齢黄斑変性(※)になる可能性があります。

※加齢黄斑変性とは、網膜色素の上皮の下に老廃物が蓄積し黄斑部に障害を受ける病気で日本では比較的少ない病気とされています。

毛様体筋

ピントを調節する筋肉で、筋肉に力を入れることにより近くにあるものにピントを合わせることができるのですが、老化と共に筋肉が衰え近くのものにピントが合わなくなっていきます。老眼の原因の1つともされています。

血管・涙

加齢とともに血液の流れが悪くなり、目に栄養を届けたり老廃物の流れが低下してしまう事により、目の疲れがたまりやすくなります。

また涙は目の渇きを防ぎ、角膜の表面を均一な層を作り見ているものをきれいに見せる働きをしてますが、年齢と共に涙の分泌が減ることにより、角膜の表面が凸凹してしまい光を眩しく感じたり、字がかすんで見えたりします。

水晶体

遠くを見たり、近くを見たりするときに、水晶体が厚みを変えることによりピント調節をしています。タンパク質により出来ている水晶体は、年齢と共に、弾力を失い水晶体の厚みの調節機能が低下します。

このように、年齢と共に目の機能も衰えていきます。

目を酷使することにより、老化を早めてしまうという事もありますので、疲れ目などは目薬やサプリメントなどでケアしたり、仕事の合間に目のストレッチなどをして目をいたわっていくようにしましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ