おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

ルテインとアントシアニン違い

ほとんどのブルーベリーサプリに配合されている成分

目の疲れなどに良いとされる成分に、ルテインアントシアニンがあります。ブルーベリーサプリの配合成分について調べていると、大体これらの成分が配合されていると思います。

老眼サプリには欠かせない、このルテインとアントシアニンの特徴や違いをご説明します。

ルテインとは

カロテノイドはおよそ600種類以上あるとされており、その一つであるルテインは緑黄色野菜などに多いカロテノイドで黄色、赤色、オレンジ色などの色素の一種です。人参などのカロチンや、トマトなどのリコピンなどもカロチノイドの一種です。

ルテインは私たち人間の体内の皮膚や大腸、乳房や目の水晶体と黄斑部に存在しており、その中でも目への健康効果が期待できる成分とされています。

私たちの体に存在はしているのですが、体内では合成できないうえ、加齢とともにルテインが減少するとされています。そのため、加齢による白内障や加齢黄斑変性症などの眼病になりやすいとされています。

他に抗酸化作用の強いルテインは紫外線を吸収したり、パソコンや携帯電話などから発せられるブルーライト(青色光)を防ぐ役割もしてくれ、水晶体の濁りも防ぐ効果もあります。目は、ルテインにより守られているともいえます。

ルテインを体内に取り込む方法として、食品とサプリメントがあります。食品の場合、キャベツ、ホウレンソウ、ケールなどがありますが、1日に6gほど必要とされる栄養素ですので、食品からの摂取はなかなか難しいものでもあります。サプリメントの場合、容量用法を正しく理解し飲用するようにしましょう。

アントシアニンとは

ブルーベリーやビルベリーなどに含まれている、ポリフェノールの一種であり、植物が紫外線から実を守るために蓄えた天然色素成分です。目の視細胞の中にあるロドプシンという物質の再合成を助ける働きをします。

ロドプシンは、目で見た情報(光)を受け取ることにより分解され、それを電気信号に変え視神経を通り脳に情報を伝えます。分解されたロドプシンは再合成され、また新たな情報を受け取るという繰り返しを行っています。しかし、目を酷使し眼精疲労などを起こしている場合は、ロドプシンの再合成の働きが低下し、ものが見えづらいまたは、しょぼしょぼするということになります。

またアントシアニンには、毛細血管を守り血流を良くさせるという作用効果もあります。他に強い抗酸化作用を持っているので、目だけではなく身体の活性酸素も抑制するはたらきもあり、抗炎症・循環改善などの作用も期待できるものとされています。

活性酸素の働きを抑制してくれるので肌への効果も期待でき、ルテインと一緒に摂ることにより相乗効果も期待できます。

アントシアニンの摂取方法は、ブルーベリーを食す場合などは60~300グラムのブルーベリーを食べるようにしましょう。他にジャムなどもありますが、糖分が多いので気をつけるようにし、サプリメントなどは手軽にアントシアニンを摂取できます。日々摂取しやすい方法で、毎日続けていくようにしましょう。

老眼サプリおすすめランキングページへ