おすすめ老眼サプリ

当サイトでは老眼でお悩みの方に役立つ情報や、目の健康をサポートしてくれるおすすめサプリをご紹介しています。

老眼になる平均年齢って?

40歳を過ぎたあたりから老眼を自覚する人が多い

いつもかけているメガネをはずして、近くの物を見るようになったら老眼のサイン。小さい文字を読む時に焦点が合わなく、見づらいというのも老眼のサインです。最近では、若年層の老眼が進んでいると言われています。

誰もが老眼であることを認めたくないですよね。老眼は加齢が原因でモノが見えづらくなる症状になります。この老眼は、何歳ころから症状が出てくるのでしょうか。老眼は肌の衰えや体力の低下などの老化現象と一緒なので、知っておくことは大切ですよね。

平均的には40歳頃から出始め、45歳頃になんとなく自覚をする方が多いようです。50歳頃になると、ほとんどの人に自覚症状が出てくるようです。このようにハッキリと老眼と自覚する前に、目の不調を感じる人が多いです。

老眼になる前の症状

老眼の前にはこういった目や体の不調が感じられるようになります。

老眼が40代くらいから始まると聞いても、まだ若いから老眼ではない!老眼かもしれないけど不自由していないからまだ大丈夫!と思われている方もいらっしゃると思います。しかし老眼はそのままにしておくと、年々進行してしまいます。身体と同じで目も老化が進んでいるのは、間違いないのです。

老眼かな?と思ったら・・・

40代で老眼と言われても、すんなりと受け入れられるはずはありません。やっぱり抵抗がありますよね。日常生活の中で支障を感じ始めたら、眼科へ受診することをオススメします。老眼を進めないためにも老眼鏡遠近両用のコンタクトレンズを作るのも良いですね。

老眼の予防・改善するためには、目の運動をすること(3Dアートを利用したり、目の眼輪筋を鍛える)や、目が疲れたら休ませること、目のストレッチなどをするようにしましょう。目の運動をすることで脳や体全体に刺激を受け、若さを保つことも期待できますよ!

生活習慣に気をつけることも必要になってきます。バランスの良い食生活に気をつけることで、老眼の進行を遅らせることも。ストレスや疲労を溜め込まないことも必要。お風呂にゆっくり入ってリラックスし、肌のお手入れと共に目のケアをするとスッキリしたりすると思います。たっぷりの睡眠時間を取り、体力を回復することも大切ですよ。

老眼は始まったら一生続くのかな・・・と不安に感じる人もいらっしゃると思います。40代頃から始まった老眼は、個人差はありますがだいたい70歳くらいで落ち着くと言われています。

目とは一生の付き合いになります。老眼という老化現象に負けないように生活習慣を整え、ストレスを溜め込まない体力や精神力を作ることで、老眼の発生や進行を遅らせることも可能になります。

老眼サプリおすすめランキングページへ